メニューをスキップして記事へ


ここから記事

2014台湾フェスタ

2014台湾フェスタ

2014年10月5日(日)AM9:00より入場

先着800名様に台湾お土産を贈呈

  

場所:東京中華学校/千代田区五番町14番地

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

與中華學校​洽談雙十國慶活動

今天総会李会長,和各理幹事各位一同拜会中華學校劉校長,討論今年双+國慶10月5日借用校園設施一事,

劉校長己答應,該日校方給於恊助,一切的恊議過程圓満達成,今後希望大家能於10月5日当天,多多通知友人,

家族前来參加。謝謝

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

東京華僑總會組團返台訪問

 

東京華僑總會會長李維祥(左)率團回台,接受總統馬英九晉見(照片提供:中央社)

東京華僑總會由會長李維祥率領約18位成員,組團返台向包括僑務委員會、華僑救國聯合總會、亞東關係協會、新北市政府等各政府相關單位、團體進行拜會,11月20日一行人則在僑委會副委員長呂元榮的陪同下,至總統府接受總統馬英九的晉見。

總統馬英九與東京華僑總會致敬團合影(照片提供:總統府)

馬英九在會上表示,在日本即將加入《跨太平洋夥伴協定》(即TPP),台灣希望能參與該項協定,並和日本簽訂經濟合作協定,尤其日本是台灣第2大貿易國,台灣則是日本第4大貿易國,雙方若能簽署相關協定,對彼此的經貿發展將會有所助益。馬英九也指出去年日本電子商務市場規模已達187兆日元,台灣電子商務市場產值億超過6千億元新台幣,在日前台日簽署《台日電子商務合作協議》後,希望能更進一步促進彼此的交流與合作。此外,馬英九也對東京華僑總會長期支持政府、服務僑民的貢獻表示肯定,盼在日僑界能繼續為深化台日關係而努力。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

20130622東京華僑総会選挙

【台湾新聞】20130622東京華僑総会選挙

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

李維祥出任東京華僑總會會長 盼與各僑團親睦交流

左起為:新任副會長張維正、何元奎、會長李維祥、僑務組趙雲華組長、前任會長陳木川、新任副會長林學明、張春美

【本報訊】中華民國留日東京華僑總會於6月22日舉辦第36屆的會長、副會長選舉,和第一次理監事聯席會議,而台北駐日經濟文化代表處僑務組組長趙雲華也特別列席參加,共約有4、50位理監事到場。  由外省華僑團體和留日台灣同鄉會、東京中華學校等僑團,分別舉派數人組織而成的中華民國留日東京華僑總會,經過選考委員會的審查後,由李維祥獲選為新一任會長,何元奎、林學明、張春美及張維正等人則獲選為副會長。此次的選考委員會委員長魏延年也會場上頒發理監事們的當選證書,接著則在魏延年委員長和最高顧問羅王明珠的監交下,進行新舊任會長的印信交接儀式,由前任會長陳木川將印信交給新任會長李維祥,同時也象徵著將肩負僑界和諧的重責大任移交給新任會長。  李維祥會長在理監事會議上表示:這兩年的任期內會盡全力將僑會事務做好,同時也將與其他僑會社團互動、合作,建立更加融洽的情感,讓大家能互惠交往得更加愉快,並希望能獲得代表處的全力支援。駐日代表處僑務組組長趙雲華對前任會長陳木川在任內支持政府政策,包括國慶活動或是其他政府相關的活動的執行等,表示感謝。另外,趙雲華組長也向在場的僑民宣導駐日代表處建立緊急連絡網的相關事項,以及政府近期針對台灣國內飲食安全的相關宣導和「東海和平倡議」的內容等,希望在日僑民也能了解近來政府的政策與國內情勢。  理監事會議上,會長李維祥公布了執行部的工作人員名單,希望在組織人員到齊之後,可以讓新一屆的東京華僑總會開始正式運作,另外,也在會上協調選出20位常務代表和會員代表,日後將有助於東京華僑總會開會與會務發展。最高顧問羅王明珠則強調希望理監事們可以踴躍出席會議,此外羅王明珠也強調:很開心在會上看見年輕一輩的僑民參與僑界活動,希望僑界各社團可以將社團組織活動做好,讓年輕人也可以積極地來參加。

在選考委員會委員長魏延年(左2)和最高顧問羅王明珠(右2)的監交下,由前任會長陳木川(右1)將印信移交給新會長李維祥(左1)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

東京華僑總會第三十四屆第九次理監事會議

  又是二年一度的選舉季節了,每逢選舉年五月到七月是日本僑界選舉熱季。
東京華僑總會在五月十四日於總會會館召開第三十四屆第九次理監事會議,亦為朱恭亮會長任期內的最後一次理監事會議。除理監事以外、台北駐日經濟文化代表處僑務組趙雲華組長及文君妃秘書應邀出席。
 
朱會長在會議前首先向大家報告這次該會籌組訪問團返台晉見馬英久總統及拜會僑委會之經過情形,並感謝各理監事2年來的支持。接著由僑務組趙雲華組長向大家說明因這次大地震的關係,有很多僑胞因未在代表處留存相關資料,至一時之間無法取得連絡,希望在近期內建置完成僑胞緊急連絡網,以備不時之需,希望各會及僑民們的全力合作。

這次會議最重要的內容之一是選出下一屆選舉的選考委員會。因東京華僑總會較為特別,是由外省十個僑團及代表台灣的台灣同鄉會所組成,委員會委員分別由各省僑團推舉11人及台灣同鄉會推舉10人。並訂出六月的各項選舉籌備工作行程,今日的會議歷時二個小時順利結束。
 
會後有40幾名理監事在台湾料理「龍門館」参加本届最後的懇親會。
 

全文表示

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

中華民國留日東京華僑総会回國訪問團 朱会長よりご挨拶

  • 2011年5月12日(木) 16:07 JST
  • 投稿者:
    Admin
  • 閲覧件数
    3,773

 「中華民國留日東京華僑総会回國訪問團」

 
拝啓
 
 薫風の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 先月四月六日より四月九日に行いました「中華民國留日東京華僑総会回國訪問團」では、中華民國台湾政府をはじめ皆々様には、大変な歓迎を頂きまして心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 
 今回の訪問に関しましては、私達は三つのメッセージを中華民國台湾の皆様にお伝えするのが目的でした。
 一つ目は、今年2011年3月11日に日本に起きた地震災害への中華民國台湾からの救援、義援のお礼と感謝の気持ちをお伝えする事です。 
日本の東北及び関東の一部は、日本が過去に経験したことが無い様な大きな地震にみまわれ、その直後に押し寄せた巨大な津波による被害は甚大なものとなりました。
日本に訪れた大きなこの災害に、日本国内はもとより世界の国々から救援活動や義援金がたくさん寄せられました。 
特に中華民國台湾では、いち早く義援金活動が行われ、馬総統自らが義援金を呼びかける姿は日本のテレビでも流され、多くの人たちに温かい気持ちが伝わったことと思います。心よりお礼を申し上げます。
また、中華民國台湾から義援金は160億という多額なものを贈っていただいております。
今回、日本のこの災害の中で、訪台團に関して一部では中止をした方がよいのではという声もありましたが、まずは中華民國台湾を訪れ義援のお礼を申し上げる事を目的に訪台團を行いました。
 
二つ目は、日本の華僑と台北駐日経済文化代表處の関係についてですが、現在東京の台湾の代表處は我々中華民國台湾の華僑に対しては、その文化また経済をはじめとする交流活動に、また在日華僑2世3世の活動にも多くのご支援をいただいております。
東京中華学校など華僑の教育にも馮代表はじめとして大変お力を入れて頂いており、台湾政府に私共日本の華僑はたいへん感謝しております。
今後とも次なる華僑の世代の為に、台北駐日代表處の引き続きのご協力とご助力をお願いいたします。
 
最後に、本年は中華民國建國百年の年であります。各國では建國百年の祝賀行事が行われている事と思いますが、残念ながら日本は災害の為とてもお祝いが出来る状況ではなくなってしまいました。しかしながら、災害のあった時だからこそ、日本と中華民國台湾の文化・経済の交流の輪は大切にしなければならないと思います。
「お祝い」という形ではできませんが、この様な時だからこそこの建國100年という時に新たに広がる日本と中華民國台湾の結びつきを無くしてはいけないと思います。建國100年は「日本と台湾の文化と経済の交流の会」(仮称)としておこなうことで、日本の方にもっと中華民國台湾を知って頂きたいと考えております。このことが少しでも復興の役に立てればと思っています。今後ともご理解とご協力を宜しくお願いいたします。
敬具
 
中華民國留日東京華僑総会
会長  朱 恭亮
 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

2011東京華僑總會回國訪問團

  • 2011年4月15日(金) 23:07 JST
  • 投稿者:
    Admin
  • 閲覧件数
    2,207

 

   4月初本會會長朱恭亮帶領的「東京華僑總會回國訪問團」府拜見馬英九總統及僑委會英毅委員長。

 

 


 

 

   本行程的重點,為八曰早上馬英九總統接見。馬總統向大家明自上任以來,特別重視台曰兩國外交。在東日本大地震發生後,台灣立刻發起愛心救助活動,並於短時間募集了一百億以上日幣及五百噸的支援物資(四月八曰為止),足以表示我國對日本政府之關心與重視,也顯示出二國的密切關係。此外,馬總統任期間完成了許多台日之間的協定。例如「學生打工制度」、外國人証件上國籍欄的地方改為台灣,在北海道設立第五個辦事處,松山-羽田機場直飛,以及今年三月剛成立的「海外美術品等公開促進法」等等。馬總統亦提起兩僑團對中華學校的貢獻,促進台曰文化交流功不可沒,給予贊賞與鼓勵。
 
     英毅委員長歡迎之到來、對東京華僑總會長期以來在東京對政府,特別是雙十活動的種種支持表以謝意。
 六日,僑委會以影片介紹為海外僑胞所提供的輔導與服務,讓僑胞們感受到台灣這個娘家的溫暖。七日參觀台北市的花博後晚上和外交部也做了互相交流。由祕書組洪英傑組長、王東生簡任祕書(前台北駐日辦事處僑務組長)、何仲民祕書回部辦事(前大阪辦事處祕書)以及其他同仁的招待。僑委會安排在台北市餐廳共聚、由任弘副委員長、一處梁崇禮處長、四處林瑞隆處長(前僑務組組長)黃儷萱(前僑務祕書)及工作同仁招待。
  
      晚會上,朱恭亮會長強調在曰的二、三世對台灣的文化連接是當今之急。希望借由百年之力凝聚僑胞向心力。並強調馮寄台代表在日本對當地華僑之照顧。
會長都是從小就受日本教育,生活在日本,所以對這次台灣在第一時間對曰本所捐獻之物資及募款感觸甚多,表示最高之謝意。
 
     這次的訪問期間,由於招待同仁都是之前在日本代表處服務過的人員,讓團員們談笑之間顯得隔外輕鬆,深深的感受到「回台灣真好」。
 

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

中華民国留日東京華僑総会新年会

  • 2011年1月17日(月) 20:45 JST
  • 投稿者:
    Admin
  • 閲覧件数
    2,354


 

全文表示

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

台北駐日経済文化代表処にて中華民国100年新年祝賀会参加

  2011年1月4日、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処公邸で、同処主催の「中華民国100年新年祝賀会が開催され、日本中華聯合総会をはじめとした在日の華僑団体や企業、財団法人交流協会をはじめとした台湾と深く関わっている日本の団体などが招待され、賑やかな新年の宴会となった。
朱会長と理事たちも招待されました。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • PDFで閲覧

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ


ここからサブメニュー2

サブメニュー2をスキップしてフッタへ


新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着ファイル (14 日以内)


ここからフッタ